Asahara Hiroshi (浅原裕) Official Web Site
トップページへ
Topics
写真集へ
研究内容トップへ
研究内容-地震電磁気現象へ
研究-リアルタイム地震情報へ
研究-生体リズム解析へ
ELF/VLF環境電磁波観測
大阪大学 環境電磁波観測ネットワーク
行徳高校自然科学部ネット部へ
ソフトウェアのページ
地震の前にナマズが騒ぐ
自己紹介
リンク集
 
  TOP >> 研究内容 >> 地震前電磁気現象
 

地震に先行する電磁現象の解明

 地震前に起こるという「前兆現象」を研究対象とし、それらの現象が起こる仕組みを解明する。また、実際に電磁波観測を行うことにより地震に先行する信号を捉え、普段の雷などによる自然ノイズや人工ノイズとの分別から、将来は地震発生予測を行うことを目標にする。これまでに行った研究内容は次の通り。

  1. 電磁波観測、動物の活動量観測のためのシステム構築
  2. 環境電磁波観測
  3. ナマズの活動量観測
  4. 電磁現象の定量的議論のための理論・計算

 

"An Automatic Infrared Sensor System to Observe Unusual Animal Behavior"紹介ソフト

Journal of Atmospheric Electircity Vol. 22, No. 3, 223-232, 2002 で紹介した動物異常行動自動観測プログラムをダウンロードできます。

  1. Data acquision software using A/D board
    In order to use this program, you need the A/D board (PCI-3133, Interface) and LabView (Ver. 6i).
    Download(zip, 159kB)

  2. Calculating the active periods
    This software runs under Windows98.
    Download(zip, 32kB), Manual(PDF)

修士論文概要

  • Abstract
    Automatic measurement systems for unusual animal behavior and environmental electromagnetic (EM) wave were constructed and continuous monitoring has been performed to study the correlations between animal activity and environmental EM pulses and to search seismo-electromagnetic signals (SEMS). Unusual coincidence between EM pulses and violent movements of a catfish was observed at Osaka 8 days before the Western Tottori Earthquake (Oct. 6, 2000, M = 7.3). Strong EM pulses were also detected at Shimane one day before the Geiyo Earthquake (Mar. 24, 2001, M = 6.7). The systems to quantify the activities of genetically controlled mice and catfish consist of the following three parts: (1) sensors (infrared sensors, a CCD camera or electromyogram sensors), (2) digitalization algorithms and (3) a data transfer system for multi-sites observation. Wideband field meters have been used which are capable to detect the absolute field intensity for three directions to measure environmental EM wave. Propagation of SEMS was discussed considering the skin effect in the earth’s crust using the data observed before the two earthquakes.

  • 目次
    Chapter 1: Automatic Observation Systems of Unusual Animal Behavior
     1.1. Introduction and background
     1.2. System Configurations
     1.3. Observation Results
     1.4. Discussion
     1.5. Summary

    Chapter 2: Simultaneous Observation of Environmental Electromagnetic Wave and Catfish Behavior
     2.1. Introduction
     2.2. Measuring system
     2.3. Observation results
     2.4. Discussion
     2.5. Summary

  • 発表会予稿
     「地震の前にナマズが騒ぐ」ことは古くから民話や諺で知られているが、この研究では動物(主にナマズ)の活動量を定量化する装置を制作し、広帯域での環境電磁波計測も同時に行い、地震前の異常を鳥取県西部地震、芸予地震の前に検出した。
     地震の数日前から数時間前に現れるという前兆現象は古くから知られ、1995年兵庫県南部地震の前にも数多く報告された。これらは電磁現象として説明できるものが多く、電磁波観測により地震前にDC〜VHFの幅広い周波数帯での異常が報告されている。「ナマズが地震前に騒ぐ」のは、実験によると水中の5 microV/m程度の電場をも感じる能力のあることから、電磁シグナルに刺激されたとすれば理解できる。そこで、赤外線センサ、CCDカメラなどを用いたナマズ活動量自動観測システムを制作、定常観測した。同時に環境電磁波に応答しているか調べるため電磁波計測システムのソフトウエアの制作も行い、環境電磁波の計測を試みた。
    鳥取県西部地震(2000年10月9日、M = 7.3)の8日前には強い電磁パルスとナマズの大暴れを同時検出し、芸予地震(2001年3月24日、M = 6.7)の前日には島根観測点で強い電磁パルスを観測した。また、2つの地震前の観測データから放射された電磁波エネルギーを見積もり、地殻内で発生した場合の表皮効果の計算結果も考慮した電磁シグナルの伝搬の問題についても議論する。


    全文ダウンロード(PDF 2.1MB
 
Copyright © 2002-2007. ASAHARA Hiroshi. All Rights Reserved.